他院修正ポリシー

手術は100%、確実に成功するものではありません。

これは美容手術のみならずあらゆる外科手術全般にいえることです。
美容手術で「成功とはいえない結果」で終わる原因は、

医師に技量がなかった

・医師が患者様の希望を無視した過剰な手術を行った

術後患者様が医師の指示に従わなかった(日帰り手術においては患者様ご自身の術後管理に対する高い意識が不可欠ですが、そもそも術後に何の管理もできない医師もいます)

患者様の主観

と様々です。

中には、言葉の通じない海外で気軽に美容手術を受け、「希望がしっかりと伝わっていなかった」と後悔する患者様もいらっしゃいます。これは国内でも大変多いケースです。
このような様々な理由で他院で失敗したとお申し出のあるケースは、手術後すぐの場合もありますが、多くは手術から時間が経過している上、患者様が手術説明書、同意書等を破棄されていることも多く、原因を断定することがより困難になりがちです。

しかし、どのような問題が発生したとしても、手術を担当した医師が最後まで誠意をもって応じるというのが医療の基本であることに変わりはありません。

ところが、国民生活センターに寄せられる苦情、私のもとへご相談に来ていただく患者様の声によると、そうした対応を頑なに拒んだり、そもそも形成外科医としての技術も無いのに修正を引き受け再び失敗をしたりと、患者様に無用な苦しみを強いているケースが散見され、こうした現実に接し、私は一形成外科医として何らかの対応ができないかと常々考えながらやってまいりました。

そこで、この度、私個人のクリニックを立ち上げるにあたって、こうした患者様のQOL(Quality of Life : 生活の質)が少しでも向上するよう、他院の手術の修正を希望される患者様を積極的に受け入れることとしました。中には残念ながら現在の形成外科手技では手術不可能なものもありますが、私が形成外科医として研鑽してきた技術の範囲で一人でも多くの患者様のお役に立てればと考えます。

診察は、軽度の患者様に対しては形成外科医である私一人で対応させていただきます。

重度で十分な検証が必要となる患者様に対しては、ご希望があれば二名の形成外科専門医が同時に診察させていただきどのような対応ができるか議論した上で手術内容をご提案させていただきます。修正手術を受け入れると謳っているクリニックは全国数多ありますが、一人の患者様に対し形成外科専門医と美容外科専門医(JSAPS)の資格を持つ二人の医師が同時に診察するクリニックは全国のさきがけであると自負しております。医師を求めて転々とされている方々がこれ以上さまようことのないように、との思いがあります。

修正費用は自費となります。
これ以上の手術や治療をするべきではないと判断した場合、初診料以外費用は一切いただきませんが、高額な自費となる場合でも、モニターなっていただける場合はご相談に応じることも可能ですのでお気軽にご相談ください。また、施設の関係上私のクリニックでは対応できない患者様に関しては、関連病院にて私が執刀して手術を行うか、分野毎に最適と思われる医師を招聘、または信頼できる病院にご紹介させていただいております。これは日本形成外科学会の元会長である顧問と25年形成外科医として活動してきた私の持つネットワークがあるからこそできることです。

最後に、私が目指しているのは、他院や他の医師の否定、批判、ではなく、患者様のQOLを可及的速やかに向上させることであります。

「患者様を社会に戻すこと」

これこそが形成外科医としての私の使命です。その点を十分ご理解の上、ご来院ください。

銀座すみれの花形成クリニック 院長 横山才也

 

*ご希望があれば弁護士同伴のご相談も承ります。セカンドオピニオンとして承ります。詳しい資料がありましたらお持ちください。(弁護士同伴相談料:10,800円税込)