偽名の使用は・・・

美容外科は自費診療ですので、身分証明書の提示などを求めないクリニックもあります。しかし、手術や施術の同意書や承諾書などにはご本名が必要ですし、カードやローンで支払いをする時にもサインをいただくことになります。

美容外科には偽名で受診する方もいるといわれています。何も問題が起こらなければいいのかもしれませんが、仮に手術などでトラブルがあったりした時に、後々訴えを受け入れてもらえない可能性が出てきます。この話は、実際に修正希望の患者様から伺いました。

また、偽名に関連して、他人の保険証を使用する方もいるそうですが、それは犯罪となりますので絶対にやめてください。自費の場合、保険証は身分証代わりに過ぎないのですが、それでもその名前でカルテをお作りし、何か緊急のことがあれば記載の住所に連絡することになります。また、上述のように医療過誤トラブルになった際にご本人にとってデメリットしかもたらしません。

ネットでは美容外科で偽名を使うとか他人の保険証を使うとか、様々な話が溢れています。しかし、当院では実際のところ多くの患者様がご本名のままいらっしゃいます。著名な方でもご本名を使用されます。偽名や保険証を使うような心配は全くご無用です。安心してご来院頂きたいと思います。