他院修正術:鼻尖形成術(鼻翼軟骨形成+シリコン挿入)および鼻孔縁形成術

2年前他院で耳の軟骨を移植する<鼻尖形成術>をお受けになった患者様の例です。

鼻尖とは、鼻の先の丸い部分です。患者様は、希望通りの鼻尖にならなかったため当院を受診されました。

Beforeの画像は初診時のもので、大切な耳の軟骨を移植までしているのに鼻の先の丸い部分がきれいに形成されておらず、鼻がやや右に傾いています。Afterは当院で修正手術を行い二ヶ月経った画像です。

Beforebefore1 →After after1

 

鼻孔縁切開と鼻柱横切開で前回の手術を確認したところ、移植されたはずの軟骨は吸収されたものと考えられました。また、鼻柱を形成する鼻翼軟骨内側脚は中央で縫合されず、なぜか左の皮下に縫合されており、更に鼻中隔までも骨折させられており、右側に傾いていたため、空気の通りまで悪くなっていました。

まず中央に固定されていなかった糸を全て外し、内側脚の中央を剥離して、患者様のご希望でシリコンを挿入することになりました。このシリコンは患者様の希望に合うように手術中に何度か削り、ハンドメイドで作成しました。

2回目の手術であり血行が十分とはいえないため、感染しないようにシリコンは可能な限り軟骨で覆うように縫合固定しました。加えて鼻孔縁形成も行いました。

Beforebefore2→ After after2

鼻尖にボリュームがあり、鼻スジが通った印象になりました。また患者様が気にされていた穴の不自然な形も、鼻孔縁の形成で解決しました患者様は結果に満足されています。

 Beforebefore3  → Afterafter3
2回目以降の手術は正常な解剖でない上、瘢痕組織(線維が主体の硬い組織)があり容易とはいえません。修正手術では知識と経験といった多くの引き出しが執刀医に必要となります。この引き出しを持つのがしっかりとトレーニングを積んだ我々形成外科専門医です。

銀座すみれの花形成クリニック 院長 横山才也