二重まぶた:幼少時からの眼瞼下垂 片側眉下皮膚切除の弊害

<<患者様のこれまで>>

幼少時より右まぶたが左より下垂傾向にあった

2008年 他院で奥二重をつくるため両側の埋没法を受ける。術後より右のまぶたに激痛があり、10日後に同クリニックで右側の埋没法をやり直し。その後、右のまぶたの内側(鼻側)が垂がるようになる。

2013年1月 都内大学病院で右側のみの眉下の皮膚切除手術。

2013年6月 右まぶたの違和感を主訴とし、私が院長として勤務していたクリニックに来院。手術。

2015年4月 銀座すみれの花形成クリニックにて手術。


下の2枚の画像は2013年6月の初診時です。右眉下に5ヶ月前大学病院で行ったという手術痕(矢印)が残っていました。

1のコピー

通常は眉下皮膚切除法はキズが目立たないよう眉下の縁ギリギリに沿って切開を行うのですが、8ミリ程度も下方に縫合線がありました。また下の写真のように、右のまぶたの内側(矢印)が下垂傾向であり、上方視で内側のまぶたの挙がりが健側に比べ少なかったです。

2のコピー

患者様は、「どうしても仕事を休むことができない」とのことでしたので、経結膜的に挙筋・ミューラー筋のタッキングなどを行いましたが、効果がありませんでした。下の写真は今年の4月のもので、右まぶたの重さを感じるようになり、再来されました。

t02200083_0399015113361259316

右まぶたの下垂によって二重の幅が広がり、また2年前に大学病院で行ったという右のみの眉下皮膚切除が原因でまぶた内側(鼻側)の皮膚が足りず、途中で二重のラインが消えていました。

そのため、右側の眼瞼挙筋前転術を行った上、鼻側の二重のラインも修正しました。下の画像は術後3ヶ月です。

t02200072_0243008013361259807

右まぶた内側の下垂は改善し、眠そうな印象はなくなりました。
患者様は左目と同様、ご希望だった目立たない二重(奥二重)ができましたので、満足してくださいました。眉の高さが左右異なるのは、大学病院で右のみの眉下皮膚切除を行ったことが影響しています。


この患者様は幼少時より右まぶたが左より下垂傾向にあったのですが、特に眼瞼挙筋に問題がある方では垂がったまぶたを挙げるために埋没法やまぶたの皮膚切除のみでは改善が得られません。

この患者様は筋膜移植による形成は必要ありませんでしたが、幼少期からまぶたに重さがある場合は、手術方法の選択が重要です。

また、眉下皮膚切除を行ったあとは、年月とともに眉が下がる傾向にあります。そのため通常は両側に行われるべきだと思います。


美容手術失敗の修正をどこで行うかというのは、患者様にとって深刻な問題です。一度失敗したクリニックに再び相談に行き再手術を希望するといっても、もともと経験も技量の無い医師だとすれば「戻っても無駄」ということになります。また、「大学病院に行けばなんとかなるのではないか」という気持ちもわからないでもないのですが、大学病院は医師の技量に幅があります。指名ができればいいのでしょうが、それができなければ「誰に行われるのか選べない怖さ」があります。

手術はやはり「どこのクリニック(または病院)に行くのか」ではなく「誰に行ってもらうのか」が重要で、そのために医師を探すというのは絶対に惜しんではいけない作業だと思います。美容外科を行う腕の良い形成外科専門医は全国にいます。私の知る限り、派手な広告の中に名医はいません。私の知る名医は、地道に医療行為を行っています。是非そういった医師に辿り着くよう、全力でお近くの「美容外科を行う形成外科専門医」を探してください。

銀座すみれの花形成クリニック

院長 横山 才也