鼻中隔延長術によって低い鼻先の克服:過去2回の手術で鼻尖が高くならなかったケース

(院長アメブロMay 09, 2016 の記事です)

他院にて過去2回の手術で
鼻先が高くならなかった患者様に
鼻中隔延長術を行いました。

患者様は
大きな変化を望まず、
鼻柱を下げずに
鼻先を高くすることだけを
希望されていました。

↓術前 正面


↓術後18日


正面からは大きな変化はありませんが
鼻先が高くなったので
鼻尖がすっきりした印象になりました。

↓術前 右斜め前から


↓術後18日


丸かった鼻先が
前方に出ることで
斜め前から鼻柱の根元が
見えなくなりました。


↓術前 真横から


↓術後18日


鼻柱を下げずに
鼻先が高くなったことがわかります。
自然なかたちの鼻です。

一般的に鼻先を高くするには
①鼻翼軟骨形成
②鼻尖部軟骨移植
の手術方法があります。

この患者様は既に他院で
①と②の手術が行われており、
良い結果が得られませんでした。

2回の手術で
鼻尖の皮膚は薄くなっており、
鼻翼軟骨も変形していたため、
再度②は適応ではありませんでした。

患者様が過去に受けた手術とは異なる手法で
治療できたケースです。

銀座すみれの花形成クリニック
院長 横山才也