鼻 修正手術:複数回の鼻尖形成術後に鼻中隔延長術 術後10日目 鼻柱は太くならない

(院長ブログ April 29, 2016 記事より)

この2年間
他院で2回鼻尖形成を
行っているのですが
鼻先の高さが得られないため、
当院を受診しました。

鼻尖を触れると
2回の手術で皮膚が薄くなっており、
左右の鼻翼軟骨が開いてました。
また鼻中隔も低い位置にあったため
鼻中隔延長術を行いました。

↓術前の側面写真


↓術後10日


鼻柱を下げることを
希望されていませんでしたので
鼻尖を前方に出しました。
(鼻中隔延長術は必ずしも鼻柱を下げる手法ではありません)

↓術前の鼻穴と鼻柱


↓手術直前
写真の鼻柱の横線は切開する部位です


↓術後10日


術後10日であり、まだ腫れています。

鼻中隔延長によって鼻穴が四角形から縦にのびました。

当院の鼻中隔延長は
延長固定部位が鼻翼軟骨中間脚が中心であるため鼻柱が太くなることはありません。
また鼻柱の縫合は
細心の注意をはらっているのでキズが目立ちません。
紹介した患者様の経過は術後10日目であり、まだ腫れています。今後益々すっきりした鼻になると思います。

銀座すみれの花形成クリニック
院長 横山才也