鼻中隔延長による伸び過ぎた鼻:術後早期における修正とリスク

(当院院長アメブロ November 17, 2016 記事より)

鼻中隔延長術を行ったところ、

希望とはかけ離れた鼻になってしまい、

相談に来られる患者様が多くいっらしゃいます。

 

鼻尖と鼻柱が伸び、

魔女にようになってしまった。

 

鼻の中が見えるようになった。

 

・・・・などです。

 

↓鼻中隔延長で鼻先が

伸びてしまった患者様です

 

鼻中隔延長術は

鼻中隔軟骨に

耳の軟骨や鼻中隔軟骨を付け足し、

鼻先を高くする方法です。

 

希望の鼻のかたちでなっかた場合は

修正になりますが、

この場合

付け足された軟骨に縫合された

鼻翼軟骨の位置を

移動しなければいけません。

 

この軟骨移動は

術後早ければ早いほど容易ですが、

術後2~3日目では

鼻の皮膚と皮下組織が腫れているので

軟骨移動が簡単でも、

皮膚縫合が困難です。

 

患者様が

「なんだか変!」と

感じるのは抜糸が過ぎた

術後10日目くらいです。

 

この時期も

まだ鼻は腫れており、

手術を受けたクリニックの担当者から

「まだ腫れていますから

様子を見ましょう」と言われ、

不安に思いながらも、

様子を見ているケースが

ほとんどのようです。

 

術後2~3週間になると

腫れはかなり改善し、

はっきりと鼻のかたちが

判ります。

 

この時期に

鼻のかたちが

絶対に受け入れられないようでしたら、

修正ままだ間に合います。

 

この頃の鼻中隔軟骨と

付け足された軟骨は

まだ支持力はあり、

鼻翼軟骨の移動は可能なケースが

多いようです。

 

ところが

術後1ヵ月が過ぎると

鼻中隔軟骨も

延長に使われた軟骨も軟化し、

修正手術は困難になります。

 

軟化した軟骨は

支持性が悪く、

修正手術を行うと

鼻尖と鼻柱を中央に保つことが

困難なことがあります。

 

軟化した軟骨は

その後周囲の線維化によって

硬くなりますので、

次の修正時期は

術後4ヶ月以降となります。

 

↓銀座すみれの花スタッフブログ 美容魂

http://ameblo.jp/sumirenohana-staff/entry-12220337533.html

 

 

↓当院での手術をお考えの方はこちらもお読みください。

http://ginza-sumirenohana.com/treatment/expense/nose/

銀座すみれの花形成クリニック
院長 横山才也

日本美容外科学会(JSAPS)専門医
日本形成外科学会専門医

ホームページ
http://ginza-sumirenohana.com/

修正のための特別の外来

銀座すみれの花形成クリニックでは、
他院で受けられた手術の【修正のための特別の外来】を不定期に行っています。

この外来では、
形成外科学会専門医である当院院長と当院顧問で日本形成外科学会元会長保阪善昭の2人が同時に診察を行っています。特に、修正の難易度が高く十分な検討が必要であると認められた患者様にこの外来をご案内しています。日本の形成外科に精通した専門性の高い2人の医師とゆっくりとご相談いただける、日本では他に例をみない外来となっています。

修正の患者様に多いのが、「どこに相談に行けばよいのかわからず日本各地の形成外科を転々とした」「手術を行ったクリニックに行ったが十分な対応をしてもらえなかった」「ほかのクリニックで相手にされなかった」「沢山の医師の診察を受けているうちに逆にどうしていいのかわからなくなった」「何度も失敗され、もうどうにもならないと思っていた」といった声です。これ以上あちこちを周らなくて済むよう、しっかりと診察させていただきます。

流れとしましては、まず当院に初診でかかっていただき、院長が一人で診察させていただきます。その際、院長が【修正のための特別の外来】で診察を受けたほうが良いと判断した方や特にこの外来を希望される方に診察のご案内をいたします。患者様によっては診察の準備として提携しているクリニックでレントゲンやCT、MRIなどを撮影していただくこともあります(検査料金が別途必要になります)。データをお持ちの方は全てご持参ください。

【修正のための特別な外来】の料金は時間に関係なく一律10,800円(税込)です。他に費用はかかりません。月に1~2人受け入れています。

【修正のための特別の外来】では、他にない貴重な診察の機会をご提供いたします。まずは当院の通常の診察にお越しください。

◆◆海外からこの外来をご希望の方へ◆◆

海外からの患者様は時間が限られているため、特別に初診でこの外来を受診することが可能です。ご滞在期間をお知らせいただければ診察の手配、様々な準備を致します。診察にはお持ちのデータを全てご持参ください。事前にお送りいただければ診察がよりスムースです。データの無い方には事前のレントゲン、MRI, CT撮影などをお願いすることもございます。診察には必ず医療通訳の方をご同伴ください。

豊富な経験から的確なアドバイスを行います。

診察料金 32,400円(税込)

 

 

 

 

 

 

5年前の二重手術の違和感 瞼板(けんばん)のゆがみ

5年前に大手美容外科で埋没法の二重手術を行った患者様です。「最近右のまぶたが下がってきた」ということで来院されました。

二重のラインは残っているのですが、右の上まぶたの縁が左より低くなっていました。これは、いわゆる眼瞼下垂症です。

下の写真は左の上まぶたを反転し、観察した画像です。粘膜と瞼板(けんばん)に異常はありません。

t02200161_0305022313354404875

次の画像は、患者様が違和感を訴える左の上まぶたの裏側です。粘膜と瞼板が陥凹していることが確認できました。

t02200154_0231016213354963377

埋没した糸の縫合が強すぎたため、瞼板が損傷し同時に、まぶたを引き上げる筋肉に影響を及ぼしたため、眼瞼下垂症状が出現したと考えられました。

そのため、上まぶたに小切開を行い、埋没した糸を抜くことになりました。下の画像の赤い矢印が発見できたナイロン糸です。

t02200145_0369024313354964229

今回たまたま色素が一部残っていたので、確認できました。場合によっては抜去が困難になります。

強く縫合した糸を抜き、まぶたを反転し、瞼板と粘膜を診たところ陥凹変形は消失していました。

t02200155_0262018513354964574
その後、瞼板を損傷しないように埋没法で二重をつくりました。

本来同日に二重の手術を行わず眼瞼下垂の改善の確認をした上で、数週間後に埋没法を行ったほうが良いかと思います。しかし患者様が「左右非対称になることに強い抵抗がある」とのことでしたので、同日に二重をつくりました。

今後、この患者様を当院で追跡することになりました。眼瞼下垂が改善しなければ、再度埋没した糸を除去し、眼瞼下垂の手術も検討します。

こちらの患者様とは個人が特定される画像を出さないことをお約束していますので、お見せできるのはこの記事の4枚のみとなっております

銀座すみれの花形成クリニック 院長 横山才也

白衣院長

どのような問題も、遠慮なくご相談ください。