インプラントの抜去と乳房の再建

当院では、インプラントを入れた乳房の修正も承ります。

6055d876bac5c78930bf1d3b6f84b138_s

  インプラント抜去と乳房・乳首の形成

 

形成外科医でもしっかりとした知識と経験がある医師が行う高度な手術であり、インプラントを入れた乳房が身体や生活の負担になっている方にとっては、QOL向上を実現できる手術となっています。

ご希望がございましたら、まずは診察にお越しください。お一人お一人に合った方法をご説明させていただきます。メール相談や受付のお電話では医療的な回答を行うことができません。診察を大切にしておりますのでご理解いただきますようお願い致します。

 

(注意)当院では豊胸手術は行っておりません

 

 

 

他院修正術:過去2回の重瞼術による眼瞼下垂の発症

*現在眼瞼下垂と眼瞼下垂修正手術は行っておりません。参考としてお読みください。

私が修正手術を執刀し経過を現在も観察させていただいている患者様についてご紹介させて頂きます。

患者様は2年前、まぶたの修正を希望し当時私が勤務していたクリニックを受診されました。

患者様は元々奥二重であり、約20年前にある地方のクリニックで二重のラインを少し巾を広げるため、埋没法による二重を希望したのですがうまくいかず、その3年後に都内の大手クリニックで修正を希望し切開法を受けました。しかし、切開による重瞼術にも関わらず術後まもなく一重に戻り、以前よりも瞼の挙がりが悪くなったとのことでした。

下の画像が初診時で右は眼瞼下垂が顕著で瞼には切開線の跡が見えてます。また左は切開線が右より瞼縁側にあり、不自然なシワが切開線跡に交差し、右同様、眼瞼下垂でした。

YU2

患者様は外へ出ることが出来なくなり、家に閉じこもりがちになったそうです。

私は、新たな切開線を瞼縁より8㎜としました。まぶたを挙げる腱膜は瘢痕内にあり、同定が困難で、眼瞼下垂の原因は腱膜が瘢痕化し、挙筋の力が瞼板にうまく伝わらなかったためです。また右の眼瞼挙筋の鼻側半分も瘢痕内にあり、右の開瞼は耳側の筋肉のみで行われていました。そこで右眼瞼挙筋の瘢痕は周囲組織に癒着していたため切除し、残りに挙筋を瞼板に前転固定しました。また左も同様に筋体を瞼板の前転固定しました。

下の画像は術後1年です。

YU4

眼瞼下垂は改善しました。

次の画像は現在(術後2年です。「お化粧して外出できるようになりました」と言われ、そのままで写真を撮影させていただきました。健康的な肌の色ときれいに外出のためのお化粧をされている明るい様子を見て私もとても嬉しかったです。

YU5

修正手術時、右の眼瞼挙筋の鼻側が瘢痕となっていたため、その影響で鼻側の瞼が下垂傾向にあります。しかし患者様は「修正手術前のような眼瞼下垂によるまぶたの重さががなくなり、開瞼もスムースで随分楽になりました」と話して下さいました

このような合併症が出てくることは、美容手術がうまくいかなかった時にしばしば有り得ることです。修正を託す病院や医師の選択はくれぐれも慎重にしていただきたいと思うのはこのためです。

銀座すみれの花形成クリニック 院長 横山才也

 

スタッフ紹介

院長 医学博士 横山 才也

DSC_0660

ご要望に全力でお応えします。

お困りのことがありましたら遠慮なくご相談ください。お力になります。


◇経歴◇

1965年 石川県金沢市生まれ 金沢大学附属高校卒

1991年 産業医科大学卒

1998年 昭和大学大学院修了 大学関連病院勤務

2006~2007年 パリ サンルイ病院勤務

パリ第7大学マイクロサージャリー研究室

forfacebook2 

2008年 昭和大学形成外科 医局長 講師

2012年 ウエルタス銀座クリニックにて院長

2014年12月 銀座すみれの花形成クリニック開業

 


 

◇過去5年間の実績◇

2015年6月 『形成外科は感動外科』(海竜社)を上梓

無題

2017.09  鼻中隔延長による鼻尖部修正
第35回 昭和大学形成外科同門会学術集会( 東京,2017.9)

2018.09  鼻中隔延長術における移植軟骨固定法の工夫-Septal extension graft with costal       cartilages sliced in one side-
第36回 昭和大学形成外科同門会学術集会( 東京,2018.9)

2018.10  SEPTAL EXTENSION GRAFT WITH COSTAL CARTILAGE SLICED ON ONE SIDE

ISAPS 2018 (Miami, 2018.10)

2019.05       講演『患者に寄り添う医療とは何か』

青森在宅ケア懇話会主催 協賛:協和キリン発酵株式会社、久光製薬

 


 

◇専門医・資格◇

日本美容外科学会(JSAPS)認定専門医

日本形成外科学会認定専門医

  • 日本形成外科学会 領域指導医
  • 日本形成外科学会 美容外科分野指導医
  • 日本形成外科学会 創傷外科分野指導医
  • 日本形成外科学会  皮膚腫瘍外科指導医専門医

日本創傷外科学会認定専門医

厚生労働省規定麻酔科標榜医免許

厚生労働省規定外国人臨床指導医(言語:英語)

パリ第七大学医学部外科研究室マイクロサージャリー永久ディプロマ

乳房再建用エキスパンダー・インプラント責任及び実施登録医師

千葉大学形成外科非常勤講師

昭和大学形成外科兼任講師


◇所属学会◇

日本形成外科学会

日本美容外科学会正会員(JSAPS)

国際美容外科学会(ISAPS)

フランス美容形成外科学会正会員

日本マイクロサージャリー学会会員

日本創傷治癒学会会員

日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会員


◇共著◇

La microchirurgie dan le monde ; Michel A. Germain. 2012 (Edition Glyphe, France). La microchirurgie au Japon (105-130 ) Toshiya YOKOYAMA

日本の形成外科の顕微鏡手術についてp105-130を担当しました。

Germain1.

編纂を担当したフランス形成外科の顕微鏡手術の権威Michel A.Germainからいただいたメッセージ。

Germain2

他、論文等は銀座すみれの花形成クリニック(メインホームページ)に全て掲載しております。

 


顧問 医学博士 保阪 善昭

doc2

◇経歴◇

昭和46年3月 千葉大学卒業

平成8年4月 昭和大学医学部形成外科学教室 主任教授

平成12年5月 ハーバード大学 客員教授(MGH)

平成16年4月 大連医科大学 客員教授

平成16年6月 ベオグラード大学 客員教授

平成16年9月 中国協和医科大学 名誉教授

平成22年4月 昭和大学 名誉教授
現在、総合東京病院・東京クリニック形成外科・美容外科センターセンター長

元日本形成外科学会会長  日本美容医療協会元会長

その他、所属学会、開催学会等は銀座すみれの花形成クリニック(メインホームページ)に掲載しています。

 

 


 

全身麻酔修正手術

 

全身麻酔手術の、特に難易度の高い手術については以下メンバーでチームを作り修正手術を行っています。

助手 形成外科専門医 高木信介(非常勤医師)

Dr.Takaki-photo1

昭和大学形成外科所属。院長の後輩で、院長が信頼する形成外科医です。当院では輪郭形成を主に担当しています。輪郭形成以外の手術もお気軽にご相談ください。

麻酔科専門医 遠井健司 (非常勤医師)

Dr.遠井1

安全に日帰りできるのも、執刀医が集中し安定した手術が行えるのも、高い麻酔技術のおかげです。院長が厚い信頼を寄せる麻酔科医です。

→当院の麻酔について

他にも、手術に応じた専門性の高い医師・看護師でチームを作り、行っています。