鼻中隔延長による伸び過ぎた鼻:術後早期における修正とリスク

(当院院長アメブロ November 17, 2016 記事より)

鼻中隔延長術を行ったところ、

希望とはかけ離れた鼻になってしまい、

相談に来られる患者様が多くいっらしゃいます。

 

鼻尖と鼻柱が伸び、

魔女にようになってしまった。

 

鼻の中が見えるようになった。

 

・・・・などです。

 

↓鼻中隔延長で鼻先が

伸びてしまった患者様です

 

鼻中隔延長術は

鼻中隔軟骨に

耳の軟骨や鼻中隔軟骨を付け足し、

鼻先を高くする方法です。

 

希望の鼻のかたちでなっかた場合は

修正になりますが、

この場合

付け足された軟骨に縫合された

鼻翼軟骨の位置を

移動しなければいけません。

 

この軟骨移動は

術後早ければ早いほど容易ですが、

術後2~3日目では

鼻の皮膚と皮下組織が腫れているので

軟骨移動が簡単でも、

皮膚縫合が困難です。

 

患者様が

「なんだか変!」と

感じるのは抜糸が過ぎた

術後10日目くらいです。

 

この時期も

まだ鼻は腫れており、

手術を受けたクリニックの担当者から

「まだ腫れていますから

様子を見ましょう」と言われ、

不安に思いながらも、

様子を見ているケースが

ほとんどのようです。

 

術後2~3週間になると

腫れはかなり改善し、

はっきりと鼻のかたちが

判ります。

 

この時期に

鼻のかたちが

絶対に受け入れられないようでしたら、

修正ままだ間に合います。

 

この頃の鼻中隔軟骨と

付け足された軟骨は

まだ支持力はあり、

鼻翼軟骨の移動は可能なケースが

多いようです。

 

ところが

術後1ヵ月が過ぎると

鼻中隔軟骨も

延長に使われた軟骨も軟化し、

修正手術は困難になります。

 

軟化した軟骨は

支持性が悪く、

修正手術を行うと

鼻尖と鼻柱を中央に保つことが

困難なことがあります。

 

軟化した軟骨は

その後周囲の線維化によって

硬くなりますので、

次の修正時期は

術後4ヶ月以降となります。

 

↓銀座すみれの花スタッフブログ 美容魂

http://ameblo.jp/sumirenohana-staff/entry-12220337533.html

 

 

↓当院での手術をお考えの方はこちらもお読みください。

http://ginza-sumirenohana.com/treatment/expense/nose/

銀座すみれの花形成クリニック
院長 横山才也

日本美容外科学会(JSAPS)専門医
日本形成外科学会専門医

ホームページ
http://ginza-sumirenohana.com/

医師紹介

sumire-logo

院長 医学博士 横山 才也

白衣院長

大学病院レベル、またはそれ以上の技術をご提供します。

お困りのことがありましたら、遠慮なくご相談ください。お力になります。


◇経歴◇

1965年 石川県金沢市生まれ 金沢大学附属高校卒

1991年 産業医科大学卒

1998年 昭和大学大学院修了 大学関連病院勤務

2006~2007年 パリ サンルイ病院勤務

パリ第7大学マイクロサージャリー研究室

forfacebook2 

2008年 昭和大学形成外科 医局長 講師

2012年 都内、形成外科美容外科クリニックにて院長

2014年12月 銀座すみれの花形成クリニック開業

2015年6月 『形成外科は感動外科』(海竜社)を上梓

無題


◇専門医・資格◇

日本美容外科学会(JSAPS)認定専門医

日本形成外科学会認定専門医

日本創傷外科学会認定専門医

日本形成外科学会 皮膚腫瘍外科指導医専門医

厚生労働省規定麻酔科標榜医免許

厚生労働省規定外国人臨床指導医(言語:英語)

パリ第七大学医学部外科研究室マイクロサージャリー永久ディプロマ

乳房再建用エキスパンダー・インプラント責任及び実施登録医師


◇所属学会◇

日本形成外科学会

フランス美容形成外科学会正会員

日本美容外科学会正会員

日本マイクロサージャリー学会会員

日本創傷治癒学会会員

日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会員


◇著書◇

La microchirurgie dan le monde ; Michel A. Germain. 2012 (Edition Glyphe, France). La microchirurgie au Japon (105-130 ) Toshiya YOKOYAMA

他、論文等は銀座すみれの花形成クリニック(メインホームページ)に全て掲載しております。


顧問 医学博士 保阪 善昭

doc2

◇経歴◇

昭和46年3月 千葉大学卒業

平成8年4月 昭和大学医学部形成外科学教室 主任教授

平成12年5月 ハーバード大学 客員教授(MGH)

平成16年4月 大連医科大学 客員教授

平成16年6月 ベオグラード大学 客員教授

平成16年9月 中国協和医科大学 名誉教授

平成22年4月 昭和大学 名誉教授
現在、総合東京病院・東京クリニック形成外科・美容外科センター センター長     元日本形成外科学会会長  日本美容医療協会会長

その他、所属学会、開催学会等は銀座すみれの花形成クリニック(メインホームページ)に掲載しています。


銀座すみれの花形成クリニック

修正手術チーム

全身麻酔手術では、院長が選りすぐりのメンバーでチームを作り、他にない高度な美容外科修正手術を行っています。

形成外科医 高木信介(非常勤医師)

Dr.Takaki-photo1

形成外科医としての技術は、形成外科の名門昭和大学の医局でもトップクラス。院長が厚い信頼を寄せる後輩医師です。

2002年 昭和大学卒業 同大学形成外科入局

2002年~2008年 大学、大学関連病院勤務

2008年 今給黎総合病院形成外科勤務

2010年 同病院 形成外科部長   現在に至る

=専門医・資格=

日本形成外科学会専門医  日本手外科学会専門医  日本創傷外科学会専門医

皮膚腫瘍外科分野指導医  日本褥瘡学会認定医

=所属学会=

日本形成外科学会  国際形成外科学会  日本手外科学会  日本頭蓋顎顔面外科学会

日本口蓋裂学会  日本美容外科学会  日本美容医療協会  日本褥瘡学会

日本臨床皮膚外科学会  日本創傷外科学会  日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会

日本血管腫・血管奇形学会評議員

 

麻酔科医 遠井健司 (非常勤医師)

院長がこれまで一緒に仕事をした中で最も優秀な麻酔科医。このチーム実現のために招聘しました。安全安心であることはもちろん全身麻酔からの目覚めの質が違います。

 

他にも、手術に応じた専門性の高い医師を随時招聘し行っています。