幼少時からの眼瞼下垂 片側眉下皮膚切除の弊害

*現在眼瞼下垂手術、眼瞼下垂修正手術は行っておりません。参考としてお読みください。

 

<<患者様のこれまで>>

幼少時より右まぶたが左より下垂傾向にあった

2008年 他院で奥二重をつくるため両側の埋没法を受ける。術後より右のまぶたに激痛があり、10日後に同クリニックで右側の埋没法をやり直し。その後、右のまぶたの内側(鼻側)が垂がるようになる。

2013年1月 都内大学病院で右側のみの眉下の皮膚切除手術。

2013年6月 右まぶたの違和感を主訴とし来院

2015年4月 銀座すみれの花形成クリニックにて手術。


下の2枚の画像は2013年6月の初診時です。右眉下に5ヶ月前大学病院で行ったという手術痕(矢印)が残っていました。

1のコピー

 

通常は眉下皮膚切除法はキズが目立たないよう眉下の縁ギリギリに沿って切開を行うのですが、8ミリ程度も下方に縫合線がありました。また下の写真のように、右のまぶたの内側(矢印)が下垂傾向であり、上方視で内側のまぶたの挙がりが健側に比べ少なかったです。

続きを読む