韓国での整形の修正

韓国というと、日本よりも美容外科が流行していて進歩的、と期待される方も多いようですが、実際に、意思の疎通の問題の他、医療的な価値観の相違から、

「信じられない治療を受けてしまった」

「思いがけない失敗をしてしまった」

と話される方が来院されます。

医療というのは、倫理観や宗教観などが反映される部分が多々ありますから、非常に身近に感じている国であっても、思いもよらないことが起るのは想像に難くないところです。それが美容外科という領域になると、商業的な色彩が強まり、トレンドも入り、患者様だけでなく日本人医師にとってもあまりにも驚くようなことが現実として起っています。

韓国の美容外科の傾向の一つとして、”過当競争による旺盛なサービス精神”があります。空港からの送迎があったりお茶が出たりというホスピタリティの話ではありません。身体に加工という名のサービスを行うのです。それは多くの場合、取り返しのつかない身体への何らかの細工であることが多く、当院に来院されCTやレントゲンで発覚します。恐らく結果を出すためなのでしょう、使われない予定だった素材が使われていることもあります。

「患者が喜んでくれると思ってやった」

「患者のためだった」

「辛いといわれると胸が痛む」

と先方のクリニックに抗議をすると韓流ドラマ的情緒で返されて怒る気になれなかったという方もいましたし、エージェントさえも連絡が取れなくなるなど、多くの場合話は平行線になりがちです。「日本の医者が嘘をついている」「通訳が悪い」と話が変わってくることもあります。説明無く勝手に行われた手術については「説明義務違反」となりますので、患者様が堂々と主張することができることになります。こうしたパターンはよく見られます。

韓国の美容外科は日本の美容外科よりも機器の開発などの面で進んでいる点ももちろんありますが、安全に対する意識の高い日本から見るとやや行き過ぎた危うい部分や、どこまでが医療かという見解の相違も感じられます。技術については、韓国が上だとも下だとも思いませんが、日本と同じで多くの方はネットの宣伝力のある方へ軽々と流れてしまいます。

韓国を検討されているようでしたら、美容医療に身体を託すという行為の重さを是非忘れないでいただきたいと思います。どうしても韓国で受けられたい時は、ネット情報に流されず、韓国の形成外科医が認めているクリニックや経歴をたよりに選ぶようにしましょう。それを探す作業を惜しまないでください。実際に、当院で修正を希望された患者様の鼻を開いたところ、素晴らしい手技で手術がなされているのを確認したこともありました(日本のネットでは全く名前が出てこない、韓国では人気のクリニックとのことでした)。腕のよい信頼される医師は韓国にも必ずいます。

美容外科手術は医療だということ。そして、医療を海外で受けるには、十分なリサーチと覚悟が必要だということを改めて申し上げたいと思います。

 


 

当院は、一般的な美容外科手術の他に、美容手術の修正にも力を入れています。来院される際は、手術の説明書や経過を書いたメモ、異物を挿入している場合は何を入れたのかなど、不明な場合はエージェントやクリニックに問い合わせて詳細な情報をお持ちください。

形成外科は事故で崩れてしまった顔でも何とか元に近い状態にまで戻す科です。私どもが何かお力になれることがあるかもしれません。どのような状態でもあきらめず、どうぞ遠慮なくお問い合わせください。

尚、私どものクリニックは、他院や海外の治療がどのようなものであっても、それを実名で公開して患者様と一緒に批判したり裁判を起こしたりすることを目的としているのではなく、患者様の生活の質を速やかに元に戻すこと、この一点を目的としています。その点をご理解の上、ご来院ください。

*これから韓国で美容手術を受けられる方は、念のため、診察で言われたことやエージェントからの話などをこまめにメモしておくことをお薦めします。失敗しなくても、何十年か後にやり直しを行う際などに役立つと思います。

 

韓国での美容外科で実際にあったことの一例を拙著『形成外科は感動外科』でも取り上げています。参考になれば幸いです。

無題

他院修正術:過去2回の重瞼術による眼瞼下垂の発症

*現在、眼瞼下垂と眼瞼下垂修正手術は行っておりません。参考としてお読みください。

患者様は元々奥二重であり、約20年前にある地方のクリニックで二重のラインを少し巾を広げるため、埋没法による二重を希望したのですがうまくいかず、その3年後に都内の大手クリニックで修正を希望し切開法を受けました。しかし、切開による重瞼術にも関わらず術後まもなく一重に戻り、以前よりも瞼の挙がりが悪くなったとのことでした。

下の画像が初診時で右は眼瞼下垂が顕著で瞼には切開線の跡が見えてます。また左は切開線が右より瞼縁側にあり、不自然なシワが切開線跡に交差し、右同様、眼瞼下垂でした。

YU2

患者様は外へ出ることが出来なくなり、家に閉じこもりがちになったそうです。

続きを読む

スタッフ紹介

院長 医学博士 横山 才也

DSC_0660

ご要望に全力でお応えします。

お困りのことがありましたら遠慮なくご相談ください。お力になります。


◇経歴◇

1965年 石川県金沢市生まれ 金沢大学附属高校卒

1991年 産業医科大学卒

1998年 昭和大学大学院修了 大学関連病院勤務

2006~2007年 パリ サンルイ病院勤務

パリ第7大学マイクロサージャリー研究室

forfacebook2 

2008年 昭和大学形成外科 医局長 講師

2012年 ウエルタス銀座クリニックにて院長

2014年12月 銀座すみれの花形成クリニック開業

 


 

◇過去5年間の実績◇

2015年6月 『形成外科は感動外科』(海竜社)を上梓

無題

2017.09  鼻中隔延長による鼻尖部修正
第35回 昭和大学形成外科同門会学術集会( 東京,2017.9)

2018.09  鼻中隔延長術における移植軟骨固定法の工夫-Septal extension graft with costal       cartilages sliced in one side-
第36回 昭和大学形成外科同門会学術集会( 東京,2018.9)

2018.10  SEPTAL EXTENSION GRAFT WITH COSTAL CARTILAGE SLICED ON ONE SIDE

ISAPS 2018 (Miami, 2018.10)

2019.05       講演『患者に寄り添う医療とは何か』

青森在宅ケア懇話会主催 協賛:協和キリン発酵株式会社、久光製薬

 


 

◇専門医・資格◇

日本美容外科学会(JSAPS)認定専門医

日本形成外科学会認定専門医

  • 日本形成外科学会 領域指導医
  • 日本形成外科学会 美容外科分野指導医
  • 日本形成外科学会 創傷外科分野指導医
  • 日本形成外科学会  皮膚腫瘍外科指導医専門医

日本創傷外科学会認定専門医

厚生労働省規定麻酔科標榜医免許

厚生労働省規定外国人臨床指導医(言語:英語)

パリ第七大学医学部外科研究室マイクロサージャリー永久ディプロマ

乳房再建用エキスパンダー・インプラント責任及び実施登録医師

千葉大学形成外科非常勤講師

昭和大学形成外科兼任講師


◇所属学会◇

日本形成外科学会

日本美容外科学会正会員(JSAPS)

国際美容外科学会(ISAPS)

フランス美容形成外科学会正会員

日本マイクロサージャリー学会会員

日本創傷治癒学会会員

日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会員


◇共著◇

La microchirurgie dan le monde ; Michel A. Germain. 2012 (Edition Glyphe, France). La microchirurgie au Japon (105-130 ) Toshiya YOKOYAMA

日本の形成外科の顕微鏡手術についてp105-130を担当しました。

Germain1.

編纂を担当したフランス形成外科の顕微鏡手術の権威Michel A.Germainからいただいたメッセージ。

Germain2

他、論文等は銀座すみれの花形成クリニック(メインホームページ)に全て掲載しております。

 


顧問 医学博士 保阪 善昭

doc2

◇経歴◇

昭和46年3月 千葉大学卒業

平成8年4月 昭和大学医学部形成外科学教室 主任教授

平成12年5月 ハーバード大学 客員教授(MGH)

平成16年4月 大連医科大学 客員教授

平成16年6月 ベオグラード大学 客員教授

平成16年9月 中国協和医科大学 名誉教授

平成22年4月 昭和大学 名誉教授
現在、総合東京病院・東京クリニック形成外科・美容外科センターセンター長

元日本形成外科学会会長  日本美容医療協会元会長

その他、所属学会、開催学会等は銀座すみれの花形成クリニック(メインホームページ)に掲載しています。

 

 


 

全身麻酔修正手術

 

全身麻酔手術の、特に難易度の高い手術については以下メンバーでチームを作り修正手術を行っています。

助手 形成外科専門医 高木信介(非常勤医師)

Dr.Takaki-photo1

昭和大学形成外科所属。院長の後輩で、院長が信頼する形成外科医です。当院では輪郭形成を主に担当しています。輪郭形成以外の手術もお気軽にご相談ください。

麻酔科専門医 遠井健司 (非常勤医師)

Dr.遠井1

安全に日帰りできるのも、執刀医が集中し安定した手術が行えるのも、高い麻酔技術のおかげです。院長が厚い信頼を寄せる麻酔科医です。

→当院の麻酔について

他にも、手術に応じた専門性の高い医師・看護師でチームを作り、行っています。