鼻中隔延長による伸び過ぎた鼻:術後早期における修正とリスク

(当院院長アメブロ November 17, 2016 記事より)

鼻中隔延長術を行ったところ、

希望とはかけ離れた鼻になってしまい、

相談に来られる患者様が多くいっらしゃいます。

 

鼻尖と鼻柱が伸び、

魔女にようになってしまった。

 

鼻の中が見えるようになった。

 

・・・・などです。

 

↓鼻中隔延長で鼻先が

伸びてしまった患者様です

 

鼻中隔延長術は

鼻中隔軟骨に

耳の軟骨や鼻中隔軟骨を付け足し、

鼻先を高くする方法です。

 

希望の鼻のかたちでなっかた場合は

修正になりますが、

この場合

付け足された軟骨に縫合された

鼻翼軟骨の位置を

移動しなければいけません。

 

この軟骨移動は

術後早ければ早いほど容易ですが、

術後2~3日目では

鼻の皮膚と皮下組織が腫れているので

軟骨移動が簡単でも、

皮膚縫合が困難です。

 

患者様が

「なんだか変!」と

感じるのは抜糸が過ぎた

術後10日目くらいです。

 

この時期も

まだ鼻は腫れており、

手術を受けたクリニックの担当者から

「まだ腫れていますから

様子を見ましょう」と言われ、

不安に思いながらも、

様子を見ているケースが

ほとんどのようです。

 

術後2~3週間になると

腫れはかなり改善し、

はっきりと鼻のかたちが

判ります。

 

この時期に

鼻のかたちが

絶対に受け入れられないようでしたら、

修正ままだ間に合います。

 

この頃の鼻中隔軟骨と

付け足された軟骨は

まだ支持力はあり、

鼻翼軟骨の移動は可能なケースが

多いようです。

 

ところが

術後1ヵ月が過ぎると

鼻中隔軟骨も

延長に使われた軟骨も軟化し、

修正手術は困難になります。

 

軟化した軟骨は

支持性が悪く、

修正手術を行うと

鼻尖と鼻柱を中央に保つことが

困難なことがあります。

 

軟化した軟骨は

その後周囲の線維化によって

硬くなりますので、

次の修正時期は

術後4ヶ月以降となります。

 

↓銀座すみれの花スタッフブログ 美容魂

http://ameblo.jp/sumirenohana-staff/entry-12220337533.html

 

 

↓当院での手術をお考えの方はこちらもお読みください。

http://ginza-sumirenohana.com/treatment/expense/nose/

銀座すみれの花形成クリニック
院長 横山才也

日本美容外科学会(JSAPS)専門医
日本形成外科学会専門医

ホームページ
http://ginza-sumirenohana.com/

鼻中隔延長術によって低い鼻先の克服:過去2回の手術で鼻尖が高くならなかったケース

(院長アメブロMay 09, 2016 の記事です)

他院にて過去2回の手術で
鼻先が高くならなかった患者様に
鼻中隔延長術を行いました。

患者様は
大きな変化を望まず、
鼻柱を下げずに
鼻先を高くすることだけを
希望されていました。

↓術前 正面


↓術後18日


正面からは大きな変化はありませんが
鼻先が高くなったので
鼻尖がすっきりした印象になりました。

↓術前 右斜め前から


↓術後18日


丸かった鼻先が
前方に出ることで
斜め前から鼻柱の根元が
見えなくなりました。


↓術前 真横から


↓術後18日


鼻柱を下げずに
鼻先が高くなったことがわかります。
自然なかたちの鼻です。

一般的に鼻先を高くするには
①鼻翼軟骨形成
②鼻尖部軟骨移植
の手術方法があります。

この患者様は既に他院で
①と②の手術が行われており、
良い結果が得られませんでした。

2回の手術で
鼻尖の皮膚は薄くなっており、
鼻翼軟骨も変形していたため、
再度②は適応ではありませんでした。

患者様が過去に受けた手術とは異なる手法で
治療できたケースです。

銀座すみれの花形成クリニック
院長 横山才也